伊藤建具の職人技について 岐阜県加茂郡の伊藤建具

ナビゲーション

〒505-0422 岐阜県加茂郡八百津町久田見856-4

HOME > 伊藤建具の職人技について

職人技について

伊藤建具は商品の在庫を持ちません。
お客様からご依頼を受け、十分な打合せをしたうえで製作にとりかかります。
お客様のご要望や使われる環境はおひとりおひとり違うため、より機能的な製品をお客様にご提供するために、私たちは作り置きをいたしません。

オーダーメイドだから高いという事はありません

伊藤建具はご予算も含めて、トータルでお客様のご希望を叶えることがオーダーメイドだと考えています!
材質を変えるだけでもお値段はぐっと変わりますから、お気軽にご相談ください!

職人

ここが職人技!

寸分の狂いも無く裁断

建具は寸法が合わなければ枠に収まりません。
現場により、大工さんにより、建具の収まり、枠の作り、枠の反り傾きが微妙に違い、それを読み取り寸法を測り、打合せをして製作していきます。
また、職人がその部屋、現場の雰囲気、家族構成などにあった趣向の建具・家具を製作し、木々の様々な特徴を生かして、緻密な文様や工夫をこらした細工を実現させます。

これらの技は、昔から受け継がれてきた技術、新しい技術を、職人が融合し磨き上げてきた技術です。

伝統の技術まだまだあります。

細かな細工建具の据付採寸について機械紹介

詳しくはこちら

お客様だけの製品だから丸太からつくります

1:丸太切り出し建具には強度・耐久性ともに適している赤身の部分を主に使用します。

2:柾目製材30cm以上の丸太を挽く場合は、まず4つ割りにし、相互に1通りずつ挽きます。こうすることで柾目模様ができます。

3:平割り建具材の場合は、節などがないことが原則であり、死節・ヤニツボ、アテ等がある場合は切除し、綺麗な面のみを使用します。

4:乾燥木材を天然乾燥させ、強度をアップさせます。

5:裁断木理、材色に配慮しながら、効率よく建具の部分材料に切断します。

6:製品木の質・色・目の走り方など、素材にこだわり厳選することで、美しく仕上がります。

お客様のニーズに合わせて素材から厳選します

秋田杉赤産地 秋田県
特徴 木理はまっすぐで細やか。光沢があり素直で細工が容易。

木曽檜産地 岐阜県
特徴 材色は薄黄。優れた耐久性。緻密な木肌は、上品で清潔な雰囲気がある。

障子松(積層材)産地 
特徴 材色は淡黄色。やや軽軟だが、強い。加工・仕上げがしやすい。

スプルス産地 
特徴 材色は白色。やや軽軟だが、強い。
価格が安い

タモ産地北海道 
特徴 材色は茶色。硬く、強い。

ナラ産地 
特徴 材色は淡白。硬く、強い。
独特の木柄があり、高価な材
主に家具類

材料の持ち込みも可能です。お気軽にご相談ください。
岐阜・愛知の無料見積りフォームはこちら

会社案内

伊藤建具

〒505-0422
岐阜県加茂郡八百津町
久田見856-4
TEL:0574-49-2221
FAX:0574-49-2221
info@ito-tategu.jp

map
木仕事 kisigoto

木仕事 -kisigoto-
のPRページです!

伊藤家のハッピーライフblog

伊藤家のハッピーライフブログ(Facebook)

SEO対策 大阪住宅リフォーム